読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラスベガス旅行

夏休みをもらって、11日からラスベガスへ。周囲から、「なぜ911の日に…。しかも標的になりやすい米系航空会社…」と言われたりもしたが、単に安さに飛びついただけで、他人から指摘されるまでは全く気付かず…orz

某米系航空会社のチケットを取得したら、当初は、LA経由のはずがシアトル経由になっていて、しかも乗継が1時間というハードスケジュールでホントに大丈夫なのか不安になった。


1日目

ただでさえ乗り継ぎ時間が短いのに、シアトル着が30分遅れるというアクシデントが。ただ、そこはさすがに大手航空会社だけあって、ラスベガス便の出発時刻を40分遅らせるという配慮をしてくれた。入国審査も厳しいかと思ったら、あっさりと入国。日本人はテロとは無縁と思われてるんだろうか?数十年前に海外でも盛んに活動していた某団体がまだ生き残っていたら、日本人に対しても厳しく審査したのかもしれない。
時間があったから、到着した建物とは別の建物へ地下鉄で移動してスタバのタンブラーを購入。

そんな感じでラスベガス便へ。某米系航空会社の会員であったため、米国国内便はファーストクラスへ自動的にアップグレード。読書等を自分でつけたり消したりしなくても、CAがこちらの様子をうかがって適切に対応していて、感心した。クラスに応じた接客というのを徹底しているらしい。

そんな感じで、現地時間の夜遅くにラスベガスに到着。モンテカルロというホテルにチェックインして、ちょこっとホテルのカジノをして睡眠。

2日目

朝からグランドキャニオン観光。比較的安いツアーは英語ガイドしかなかったからやむなく英語ガイドを申し込んでいたけど、なぜか日本人による日本語ガイドが案内してくれた。とてもラッキー。
ラスベガスから小型セスナに乗って、グランドキャニオンへ。途中、わざとか知らないが、機体を妙な角度に傾けられたりした。フーバーダムは大きかった。

グランドキャニオンのすぐ近くの町の飛行場に着陸。そこからバスへグランドキャニオン国立公園へ向かう。
まずは、マザーポイントへ行き、1時間程度散策。どこをみてもひたすら切り立った渓谷。非常に見応えがあった。次にエンジェルポイントでも1時間程度散策。とにかく広くて雄大という言葉がそのまま当てはまる風景だった。日本では見ることができない風景だと思う。エルトバーホテルの中ものぞいてみた。


で、ラスベガスへ戻って、軽く買い物をしたり、ベラッジオの噴水を見たりした。

で、夜はダウンタウンへ行って、フリーモントストリートエクスペリエンスを鑑賞。とにかくスケールが大きい。買い物をしたり、カジノをしたり。

3日目

朝からストラトスフィアタワーでスカイジャンプ。855フィートの高さから飛び降りてみてとても爽快だった。高所恐怖症でない人であれば絶対体験した方がいいと思う。他の絶叫系アトラクションもとても楽しかった。

午後はホテルに戻ってスパで3時間ほど過ごす。生き返るような思いだった。夜は食事をしたり、買い物をしたり、カジノをしたりしてから、ヘリコプターに乗ってラスベガス上空を旋回してみた。


4日目
シーザーパレスのバッカナルバフェでブランチ。チップ込みで50ドル超のため、元を取るためにひたすら食べまくったら満腹で動けなくなった。暫く休んでから、ホテルに戻ってチェックアウトして、夕方まで買い物やカジノで時間をつぶす。で、空港からシアトルへ。

5日目
シアトルでサクッと乗り換えて、深夜に羽田に到着して帰宅。