読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UAE旅行(その2)

2014UAE

翌朝の朝食はホテルの朝食ビュッフェ。充実した量で食べ過ぎに苦しむ。

 

チャーターしたタクシーがホテルに来たから、Al Ainへ向かう。運転手がやたら饒舌で、色々と説明や世間話をしてくれたけど、正直なところ、寝不足だったから目的地まで寝かせてほしかった。

タクシーを飛ばすこと1時間半ほどでHili Archeology Parkに到着。普通に考えれば砂漠地帯のはずのAl Ain一帯はガーデンシティと呼ばれているらしいけど、確かに緑豊かだった。スプリンクラーや木の根元に管を通して水を供給するなど、水が少ない地域なのに非常に贅沢をしている様子。オイルマネー羨まし。

 

青銅器時代のお墓の復元などなかなか趣深かった。

 

f:id:keita555:20140914150004j:plain

f:id:keita555:20140914150038j:plain

f:id:keita555:20140914150426j:plain

何千年前かのお墓

f:id:keita555:20140914150717j:plain

f:id:keita555:20140914151010j:plain

砂漠の国とは思えないほど、水をふんだんに使ってる。

f:id:keita555:20140914152315j:plain

 

続いてAl Ain市内に入って、Al Ain Palace Museumへ。アブダビの先代の首長の宮殿だったらしい。古いランドローパーなんかも飾ってあった。

f:id:keita555:20140914155124j:plain

f:id:keita555:20140914155439j:plain

先代の首長も使用したらしい(?)ランドローパー

f:id:keita555:20140914155521j:plain

天幕

f:id:keita555:20140914155919j:plain

f:id:keita555:20140914160137j:plain

f:id:keita555:20140914160012j:plain

f:id:keita555:20140914160701j:plain

 VIPルーム。

今のアブダビで建設中の宮殿とは比較にならないほど、質素。

 

ついで、Al Jahli Fortへ。こんな簡素な城塞で防衛できるのかと思った。

 

f:id:keita555:20140914162416j:plain

f:id:keita555:20140914162726j:plain

f:id:keita555:20140914162447j:plain

f:id:keita555:20140914163239j:plain

 

で、Al Ain Oasisをひたすら歩く。ナツメヤシの木がだらけでオアシスなんて見当たらない。せいぜい灌漑施設に水が流れてるくらいだった。

 

f:id:keita555:20140914165053j:plain

f:id:keita555:20140914165109j:plain

f:id:keita555:20140914165419j:plain

次は、Al Ain National Museumへ。ここでは先史時代からのUAEの領域の歴史について、発掘品や遺品などと共に説明があって、とても勉強になった。Al Ain市内で回った施設で一番おもしろかったかも。

1960年代はアブダビも裕福ではなかったらしい。オイルマネーのおかげでとてつもなくセレブになっているようだ。ホントに羨ましい。

f:id:keita555:20140914171336j:plain

f:id:keita555:20140914173016j:plain

f:id:keita555:20140914171728j:plain

f:id:keita555:20140914174109j:plain

 

最後にラクダ市場へ行って、ラクダと記念撮影。ラクダだらけの割には思ったほど臭くなかった。手入れをきちんとしているんだろう。

 f:id:keita555:20140914180655j:plain

 

で、ドバイへ戻って、ゴールドスーク前でタクシーを降ろしてもらう。とりあえず、湿気が酷くて暑苦しいから、サクッと見学がてらゴールドスークを通過して、アブラで対岸に渡る。

f:id:keita555:20140914205418j:plain

f:id:keita555:20140914205643j:plain

ゴールドスーク。金だらけ。

f:id:keita555:20140914211503j:plain

アブラの上からアブラを撮影。

f:id:keita555:20140914205857j:plain

 

 ドバイ博物館を経由して、バスタキヤ地区を散策。結構趣深い。次にドバイに来るときは、夜にこのあたりをうろつきたいと思った

f:id:keita555:20140914212541j:plain

ドバイ博物館

f:id:keita555:20140914212614j:plain

博物館の横に陳列されていた模型

f:id:keita555:20140914212941j:plain

f:id:keita555:20140914213346j:plain

f:id:keita555:20140914213618j:plain

f:id:keita555:20140914214011j:plain

バスタキヤ地区。とても趣があって、ドバイ中心部とは思えない静かな場所だった。

f:id:keita555:20140914214102j:plain

バスタキヤ地区内のモスク

f:id:keita555:20140914214409j:plain

Dubai Wallの跡

 

通りに出てタクシーを拾ってホテルに戻る。部屋で一休みしてから、ホテルの敷地内のクリークをアブラで渡って、madinat jumeirahのスークへ。冷房が効いているのが実にいい。暑くないから、ゆっくり店の店員と交渉できるのがよかった。

f:id:keita555:20140914230631j:plain

f:id:keita555:20140914230934j:plain

f:id:keita555:20140914231337j:plain

安物を交渉で買い叩いて大量に購入するなら伝統的なスークだろうけど、それなりにきちんとした物を買うんだったら、大規模なモールか、madinat jumeirahにあるスークだろうなと思った。作り物のスークだけどそれなりに雰囲気はあるし。クリントン元大統領も訪問したPride of Kashmirでストールなどを購入。それなりに高かったけど、そこそこ買ったせいか3割弱値引きしてもらえた。

小物を買ったりなどして、ホテル内のスペイン料理の店でスペイン料理を堪能す。パエリアなどが美味だった。

夜遅くまでバーにいたりなどして、就寝。

翌朝5時過ぎにホテルを出て、8時過ぎの飛行機で帰宅。