読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋久島観光(その2)

2日目は縄文杉へ。

 

 3時起きで準備して、4時過ぎにガイドツアーのガイドさんに迎えてに来てもらって、出発。シャトルバス乗り場まで車で行って、シャトルバスに揺られて、入口に到着。

 

f:id:keita555:20150503054444j:plain

f:id:keita555:20150503054728j:plain

緊急時に使わない(らしい)トロッコ

f:id:keita555:20150503055731j:plain

大きい岩がごろごろしてる。

f:id:keita555:20150503060636j:plain

雨で足元は滑るし、道幅は結構狭くて歩きづらい。

f:id:keita555:20150503055726j:plain

f:id:keita555:20150503085920j:plain

雨が降ったりやんだりしているせいか、植物はみずみずしい。

f:id:keita555:20150503061920j:plain

微妙に危険な橋。

 

f:id:keita555:20150503061948j:plain

f:id:keita555:20150503064810j:plain

f:id:keita555:20150503065018j:plain

昭和の時代にはここにも集落があったらしい。屋久杉の伐採で潤っていたりとか、公務員とかがいたから、島内で一番裕福な集落だったんだとか。

 

f:id:keita555:20150503071145j:plain

天気が悪いからかえって幻想的に見える。

f:id:keita555:20150503082307j:plain

f:id:keita555:20150503082949j:plain

トロッコが動いてるということは、緊急事態があったのか…

 

f:id:keita555:20150503085043j:plain

線路は終わって、ここからは本当の山道。つらい。

f:id:keita555:20150503085132j:plain

f:id:keita555:20150503085450j:plain

ひたすら山道

f:id:keita555:20150503085720j:plain

翁杉。

f:id:keita555:20150503090236j:plain

ウィルソン株。観光客が多すぎ。

途中で休憩して早めの昼食を食す。ガイドさんが持ってきたお味噌汁はありがたかった。

f:id:keita555:20150503102936j:plain

大王杉

f:id:keita555:20150503110142j:plain

縄文杉。待機していた環境省の職員の人の話によると354番目くらいだったらしい。

ここも観光客が多すぎて、縄文杉の間近で撮影するために大行列だった。

f:id:keita555:20150503134619j:plain

f:id:keita555:20150503135017j:plain

屋久鹿を発見。この警戒感のなさはなんなんだと思う。

奈良公園や宮島の鹿のような図々しさはないけど。

f:id:keita555:20150503141452j:plain

三代杉

f:id:keita555:20150503142907j:plain

f:id:keita555:20150503142924j:plain

この鹿たちも警戒心が皆無だった。

 

 

途中からどしゃ降りになって悲惨だったけど、なんとか登山口まで戻ってこれた。22kmも山道を歩くのはさすがに疲れたけど、ガイドさんがいたからわりと気楽だったと思う。