読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エジプト旅行(その7)

2010エジプト

出発の朝、スーツケースをポーターに運んでもらうために部屋の外に出していたら、後ろで「バタン!!」とドアが閉まる。オートロックの罠。仕方がないから、ロビーに向かう途中で偶然であった添乗員さんに頼んで、予備のカードキーをもらう。最後の朝に迷惑をかけてゴメンナサイ。


午前中はギザの三大ピラミッドへ。
少し早めに並んで、無事にチケットを取得。クフ王のピラミッドへ。デカイ。クフ王のピラミッドの上に乗っている鉄の棒はてっぺんの石がなくなる前の高さを示すためにつったっているものらしい。
ピラミッドを少し登って内部へ入ってみる。内部は暗く、ジメジメしてて息苦しい。しかも通路の天井が大人は中腰にならないと通れない高さでしかない上に、極めて急な階段を登り続けることになるから、同じツアーの人達でも足に来ると嘆く人続出。もう少し通路の天井を高くして欲しかった。とりあえず、暗くてほとんど見えないから、ピラミッドの中に入ったという満足感を得るために入るものなんだと思う。ピラミッドから出てきてからは、外の石を警備の人に怒られる*1ぎりぎりのところまで登ってみた。で、ひたすら写真撮影。かなりハイテンションだった気がする。

f:id:keita555:20100730140447j:plain
f:id:keita555:20100730141440j:plain
f:id:keita555:20100730150002j:plain

次に2つ目のピラミッドを見たあとは、3つのピラミッドを見晴らせる高台へ。見晴らしが良かった。現地ガイドがピラミッドをやれとか言い出し、比較的若い人3人でピラミッドを作る。一番上に登った人は妙に怖がっていた。ピラミッドの他にもサボテンもしたけど、サボテンがなんだか忘却の彼方であったため、変な体勢になっただけで終わった。

f:id:keita555:20100730152213j:plain
f:id:keita555:20100730153010j:plain


ピラミッドのあとは、スフィンクスへ。トリビアでやっていたらしいスフィンクスの前のケンタッキーとピザハットを確認。グロバリゼーションというやつだろうか。スフィンクスもエジプトに行った感が出ていて大変良かった。多分二度と行くことはないだろうからいい思い出になったと思う。

f:id:keita555:20100730160512j:plain
f:id:keita555:20100730160659j:plain
f:id:keita555:20100730162118j:plain

ピラミッドの見えるレストランでコフタとかなんとかよくわからない料理を食す。ここの店はエジプトの飲食店にしては極めて珍しく女性が普通にホールで働いていた。デザートも食べたかったけど、同じテーブルの人がデザートがたくさん置いてあるテーブルにハエが集っていたことに気づいてしまい、僕がいたテーブルの人は誰ひとりとしてデザートを食べなかった。

食事のあとは、ハンハリーリバザールを散策。散策してみたけど別に欲しい物もないから30分弱くらい歩きまわって疲れて、近くのカフェへ。添乗員さんとか現地ガイドさんが涼を取っていた。この店ならボッタクリはないという話だから、その店で紅茶をする。当然のように熱い紅茶が出てきたけど、意外と涼しい。心頭滅却すればなんとやらなんだろうか。ツアーの人で、おみやげものにあまり興味がない人たちも次第に集まってきた。ツアーの人の何人かは水タバコに挑戦していた。全く興味がないわけではないけど、数多くの人間が使いまわしているものに口をつけるのは非常にためらわれたため、水タバコには挑戦しなかった。

ハンハリーリバザールで1時間ほどお茶をしてツアーの人達と歓談したあとは、空港へ。
空港の免税店で色々買い物をしたあと、バーガーキングを見つけて嬉しくなって駆けこんで、同じツアーで偶然居合わせたNGO勤務&マッサージ師のご夫婦、幼稚園の先生と同席してダラダラだべる。NGO勤務の方も、やはりカーペットスクールのことは気になっていたらしく、その話を少しした。なんでも、児童にしかできないことであったり、何時間かの学習の時間が確保されていたりとか、色々な条件を満たせば児童労働が許容される場合もあるらしい。ILO条約でいろいろと決まってるそうな。日本に帰ったら調べる予定だとNGOの方はおっしゃっていた。それにしても、なんでエジプトで児童労働について語ってしまったんだろうか。

飛行機に乗ると、水入りのペットボトルを手荷物に持っていても普通に通貨出来ていたり、パスポートと搭乗券とで名前が(手違いで)違っていても普通に飛行機に乗り込めたりする人がツアーの中に複数いることが発覚し、あまりにザルな出国手続きに不安を覚えつつも無事に離陸。
あとはテロリストが紛れ込んでないことを祈るばかり。

*1:ピラミッドの上の方はかなり風が強く、その昔、転落死した人もいるらしい。